koba::blog

小林聡: プログラマです

Perlモジュールのインストール

Mavericksがやってきた - koba::blogの続き。Leopard時代にインストールしていたPerlモジュールをインストールする。今までは、

perl Makefile.PL && make && make test && sudo make install

という原始的なやり方だったんだけど、cpanmを使うことにする。

すでにHomebrewをインストールしているので、以下でcpanmをインストール。

$ brew install cpanm

App::cpanminus をインストールする。

$ cpanm -S --self-upgrade

Leopard時代にインストールしていたモジュールを入れ直す。

$ cpanm -S Crypt::SSLeay
$ cpanm -S LWP::Authen::Wsse
$ cpanm -S OAuth::Lite
$ cpanm -S JSON
$ cpanm -S CGI::Session

これでうまくいくと思ったのだが、LWP::UserAgent でSSLを使うと以下のエラーが出る。

Can't verify SSL peers without knowing which Certificate Authorities to trust

This problem can be fixed by either setting the PERL_LWP_SSL_CA_FILE
envirionment variable or by installing the Mozilla::CA module.

To disable verification of SSL peers set the PERL_LWP_SSL_VERIFY_HOSTNAME
envirionment variable to 0.  If you do this you can't be sure that you
communicate with the expected peer.

どうやら Crypt::SSLeay の代わりに使われるようになった LWP::Protocol::https が悪さをしているもよう。エラーメッセージの指示にしたがい Mozilla::CA をインストールしてみる。

$ cpanm -S Mozilla::CA

これでうまくいきました。