電脳麻将 ver.1.2.0 公開

電脳麻将 を ver.1.2.0 にバージョンアップしました。今回の修正はツール類の改善のみです。 自動対戦のページに以下の機能を追加 牌譜ダウンロード 手牌表示 ツモ切り表示 牌譜ビューアがURLフラグメント*1を表示するようにした 牌理のページでURLフラグメ…

npm モジュールのセキュリティアップデート

GitHubに置いているソースが脆弱性の警告を受けました。どうやら lodash に脆弱性があるようです。こういう場合、npm 6.1.0 で追加されたコマンド npm audit fix を使う事で適切にバージョンアップすることができるのですが、今回は npm auditを実行しても f…

中国QR決済事情

中国で生活し日々QR決済を利用しているのですが、日本での報道やSNSでの反応を見る限り、日本ではQR決済が正しく理解されていないと感じます。おかしいと思うたびに はてブやTwitterで訂正を試みていたのですが、きりがないので1つ文章を書いてみることにし…

何切る検討(0) 〜 打牌選択アルゴリズム

電脳麻将 の 何切る解答機 で 麻雀 定石「何切る」301選 を解いてみた。全301問中解答が一致したのは209問。正答率は69%。不一致の92問について検討し、可能であれば思考アルゴリズムの改善に役立てたいと思う。打牌選択アルゴリズムは 麻雀の打牌選択アル…

電脳麻将 ver.1.1.0 公開

電脳麻将 を ver.1.1.0 にバージョンアップしました。 「何切る解答機」のページを追加 webpack4に対応 AIの牌姿評価結果を一覧表示する 何切る解答機 のページを追加しました。牌姿は 麻雀の手牌の文字列表現 - koba::blog の形式で入力できます。IEでも動…

webpack4 へのアップグレード

フロントエンド開発の環境構築 - koba::blog で開発環境を構築した当時は webpack3 が最新だったのですが、その後 webpack4 が出ているのでアップグレードしました。

電脳麻将 ver.1.0.0 公開

電脳麻将 を ver.1.0.0 にバージョンアップしました。npm対応のパッケージになったので、ソースからビルドするには Node.js と npm が必要です。機能面では以下を変更しています。 画面表示/UIを改善 ネット上の牌譜を読み込む機能を追加 天鳳形式の牌姿文字…

特定のホストだけVPNを通さないよう設定する

中国で暮らしているのでネット接続は常にVPN経由である。回線速度が遅いのにはまあ慣れたのだが、VPN経由だとアクセスを拒否されるページがあるのが厄介。例えばさくらVPSのコントロールパネルにアクセスするとこのようにアクセスを拒否されてしまう。なので…

dl要素のcompact表示をCSSで実現する

CSS

HTML4の頃に dl要素に compact なる属性があり、それを指定すると 用語 説明文 のような簡潔な形式で表示されるはずだったのだが、残念ながらそれを実装したブラウザはなかった。けれど中国語のスクリプトの表記などでどうしても使いたかったので、dt, dd の…

はてなブログのスマホ向け表示を微調整する

CSS

はてなブログが数年前に正式リリースされた時に、はてなダイアリーから乗り換えなかったのには理由があって、 スマホ向けの表示が見にくい(特にソースコードの引用) トラックバック機能がない*1 fotolife連携、はてなグラフ引用、キーワードクラウドなどの機…

はてなブログのデザインを変更する

CSS

はてなダイアリーが1月28日に終了することになったので、はてなブログに引っ越しました。はてなダイアリーでは自分でカスタマイズしたデザインを使用していたので、はてなブログでも同じデザインになるように変更します。

Macでftpを使えるようにする

プロバイダが提供するWebページサービスのファイル転送が未だにFTPしかサポートしていないのですが、High Sierraからftpコマンドが削除されてしまいました。Macで使えるFTPクライアントもあるようなのですが、コマンドラインから使いたいのでHomebrewでイン…

Apacheの起動と設定

High Sierra でもやはりWebサーバを起動するUIはありません*1。Apache 2.4 がインストールされているのでこれを起動し、各ユーザが .htaccess で動作を変更できるよう設定します。 *1:Mac OS X 10.7 Lion までは環境設定に「Web共有」の項目があったらしいの…

SSH鍵の交換

Homebrewのアップデート - koba::blog の続き。Mavericks時代に SSH接続に公開鍵を使う - koba::blog でSSH鍵を作成しており「移行アシスタント」で移行もされているのですが、メールアドレス部分が koba@angie.local になっていて新しいMacBookのマシン名と…

Homebrewのアップデート

High Sierra の入力設定 - koba::blog の続き。MavericksからHigh Sierraへの移行には「移行アシスタント」を使いましたが、CVS、RCS、Node.jsなどHomebrewでインストールしたコマンドラインツールは移行時にアップデートされていません。手動でアップデート…

High Sierra の入力設定

Mavericksがやってきた - koba::blog 以来4年半使っていたMacBook Pro。使い勝手に全く不満はなかったのですが、バッテリーが膨張してきたので買い替えました*1。以前のは Mavericks(OS X 10.9.5)のままだったので High Sierra(macOS 10.13.3)までまたも一気…

天鳳統計(5) 〜 巡目ごとの副露数・副露時向聴数

天鳳統計(4) 〜 待ち牌の分布 - koba::blog の続き。今回は巡目ごとの副露数と副露時の向聴数を集計した。「巡目」は以前と同様にポンにより飛ばされたツモ番は考慮せず、打牌した牌数から決めている。対象データは 2016年の「鳳凰卓 東南戦 赤あり」の 159,…

天鳳統計(4) 〜 待ち牌の分布

天鳳統計(3) 〜 局終了時の牌の分布 - koba::blog の続き。今回はリーチとダマテンについて待ち牌の分布を集計した。待ち牌はフリテンの場合も含んでいる。ダマテンは待ちが変わる場合が多いので、和了時の牌姿に限り待ち牌を集計した。対象データは 2016年…

天鳳統計(3) 〜 局終了時の牌の分布

天鳳統計(2) 〜 巡目ごとの向聴数・立直率・和了率 - koba::blog の続き。今回は局終了時にそれぞれの牌が手牌、副露面子、河、山のいずれにあったかを集計した*1。対象データは同じく 2016年の「鳳凰卓 東南戦 赤あり」の 159,798半荘。 *1:暗槓は副露、放…

天鳳統計(2) 〜 巡目ごとの向聴数・立直率・和了率

天鳳統計(1) 〜 基礎情報と和了役・流局理由 - koba::blog の続き。今回は巡目ごとの向聴数、立直率、和了率を集計してみた。対象データはやはり同じく 2016年の「鳳凰卓 東南戦 赤あり」の 159,798半荘。

天鳳統計(1) 〜 基礎情報と和了役・流局理由

天鳳の牌譜形式を解析する(4) - koba::blog で作成した天鳳牌譜変換ツールを使って天鳳の牌譜を電脳麻将の牌譜形式に変換し、統計を取ってみた。対象としたのは 2016年の「鳳凰卓 東南戦 赤あり」の 159,798半荘。

OpenVPNの接続設定

L2TP/IPsec VPNサーバの構築 - koba::blog で構築したVPNサーバは問題なく動作しているのですが、来年2月までに中国ではVPNが規制されるという情報もあり、対策をとっておきたいところです。VPNの規制には特定のポートを遮断するという方法がとられるのでは…

向聴数を求めるプログラム(修正版)

麻雀の副露判断アルゴリズム(2) - koba::blog で「特定の役への向聴数」を計算する方法を導入したが、バグがあるようである。例えば下記の2つの牌姿の(索子の)混一色への向聴数は 2向聴 3向聴 であるが、ともに2面子2搭子のため、同一の向聴数と判定してしま…

CentOSへ最新のNode.jsをインストールする

CentOSにソフトウェアをインストールするのには yum を使うのが一般的です。Node.js も EPEL からインストールできる*1のですが、 $ yum info nodejsで確認すると安定バージョン(現段階では v6.11.x)がインストールされるようです。開発環境では v8.4.x を使…

フロントエンド開発の環境構築

電脳麻将 は HTML5 + CSS3 + JavaScript で動作するフロントエンドのWebアプリです。サーバ側にコードはありません。ですので今までは Node.js を使わずに開発していました。思考アルゴリズムの検証でAI同士に自動対戦をさせる場合もブラウザ上で実行してい…

電脳麻将 ver.0.9 公開

電脳麻将 を ver.0.9 にバージョンアップしました。 AIが打点を意識した手作りをするようにした ゲーム進行速度調整の方式を変更 牌画入力ツールが \ で次の1文字をエスケープできるようにした 牌譜ビューアが三家和を正しく表示できるようにした 天鳳牌譜変…

麻雀の打牌選択アルゴリズム(9)

麻雀の打牌選択アルゴリズム(4) - koba::blog から 麻雀の副露判断アルゴリズム(5) - koba::blog まで打牌選択と副露判断に打点を考慮するよう改良してきたが、今回で最終回。一色手を狙わせてみる。前回のアルゴリズムで1000半荘対局させると一色手(混一色…

麻雀の副露判断アルゴリズム(5)

麻雀の打牌選択アルゴリズム(8) - koba::blog までのアルゴリズムで打牌の選択に打点を考慮した評価値*1を使用するよう修正したが、今回はその評価値を副露判断にも使用するよう改良する。副露判断に評価値を使用することで以下の効果が期待できる。 シャン…

麻雀の打牌選択アルゴリズム(8)

ドラ から何を切るか?*1候補となるのは、打 (待ち 16枚)、打 (待ち 16枚)。麻雀の副露判断アルゴリズム(4) - koba::blog までのアルゴリズムでは がポンできることを重視し だが、麻雀の打牌選択アルゴリズム(7) - koba::blog のアルゴリズムは2向聴以降は…

麻雀の打牌選択アルゴリズム(7)

麻雀の打牌選択アルゴリズム(6) - koba::blog でシャンテン戻しを仮実装したが、問題が残っている。 のテンパイから を切って1向聴に戻してしまう。また の国士無双テンパイからも をツモ切りしてしまう。今回はこの問題を修正する。