koba::blog

小林聡: プログラマです

Gitを使ってみる

OS X MavericksにはCVSがありません。gitはデフォルトでインストールされている(あるいはXcodeインストール時にインストールされた)ので、gitを使ってみました。

せっかくなのでGitHubにアカウントを作って、共有リポジトリGitHub上に作ります。MacBook側はローカルリポジトリです。

まず、GitHubのWebインタフェースで共有リポジトリを作成します。まだ中身は空です。

MacBookにローカルリポジトリを作成します。

$ git clone https://github.com/kobalab/Sandbox.git

ローカルリポジトリに移動して、ファイルを作ります。

$ cd Sandbox
$ touch README.md

ファイルを編集したら、ローカルリポジトリに追加して変更をコミットします。

$ git add README.md
$ git commit README.md

変更履歴は以下で見れます*1

$ git log

ユーザ名が漢字だったりメールアドレスがコンピュータ名をベースにしていたりするのが気持ち悪い場合は、以下のように変更できます。

$ git config --global user.name "Your Name"
$ git config --global user.email you@example.com

ユーザ名とメールアドレスの変更は、以下のコマンドで過去にさかのぼって反映できます。

$ git commit --amend --reset-author

共有リポジトリに変更を反映します。共有リポジトリが空の場合は origin master の指定をしなければならないようです。

$ git push origin master

*1:変更したファイルを調べるにはどうするの?