koba::blog

小林聡: プログラマです

天鳳統計(4) 〜 待ち牌の分布

天鳳統計(3) 〜 局終了時の牌の分布 - koba::blog の続き。今回はリーチとダマテンについて待ち牌の分布を集計した。待ち牌はフリテンの場合も含んでいる。ダマテンは待ちが変わる場合が多いので、和了時の牌姿に限り待ち牌を集計した。

対象データは 2016年の「鳳凰卓 東南戦 赤あり」の 159,798半荘。

リーチの待ち牌

1,166,027 件のリーチすべてについて、その待ち牌を集計した。

m1 m2 m3 m4 m5 m6 m7 m8 m9
49,88464,89377,77197,17999,07798,07778,66166,15351,432
4.3% 5.6% 6.7% 8,3% 8.5% 8.4% 6.7% 5.7% 4.4%
p1 p2 p3 p4 p5 p6 p7 p8 p9
49,95164,72777,67996,19198,37797,20277,85265,16150,580
4.3% 5.6% 6.7% 8.2% 8.4% 8.3% 6.7% 5.6% 4.3%
s1 s2 s3 s4 s5 s6 s7 s8 s9
49,82364,14677,02796,38497,74496,58677,31365,07449,476
4.3% 5.5% 6.6% 8.3% 8.4% 8.3% 6.6% 5.6% 4.2%
z1 z1 z3 z4 z5 z6 z7
12,40811,91511,46611,30413,59013,25413,374
1.1% 1.0% 1.0% 1.0% 1.2% 1.1% 1.1%

f:id:xlc:20180120102135p:plain:w280:left

f:id:xlc:20180120102134p:plain:w280:left

終局時の牌の分布 と似ているが、数牌の比率がより高くなっている。終局時の手牌では一九牌は字牌の2倍程度の分布であったが、リーチの待ち牌では4倍となった。また数牌の 4,5,6 にほとんど差がないのも特徴。字牌では役牌の方が若干待ちとなる確率が高い。

ダマテンの待ち牌

878,678 件のリーチのない和了すべてについて、その待ち牌を集計した。

m1 m2 m3 m4 m5 m6 m7 m8 m9
29,66550,45760,75172,30280,19872,74060,13951,02829,636
3.4% 5.7% 6.9% 8.2% 9.1% 8.3% 6.8% 5.8% 3.4%
p1 p2 p3 p4 p5 p6 p7 p8 p9
29,41150,51160,26772,14480,02672,10560,73050,54029,745
3.3% 5.7% 6.9% 8.2% 9.1% 8.2% 6.9% 5.8% 3.4%
s1 s2 s3 s4 s5 s6 s7 s8 s9
29,33149,81459,76871,55779,53572,04459,96950,67128,985
3.3% 5.7% 6.8% 8.1% 9.1% 8.2% 6.8% 5.8% 3.3%
z1 z1 z3 z4 z5 z6 z7
11,53211,522 8,901 8,75614,15913,86914,255
1.3% 1.3% 1.0% 1.0% 1.6% 1.6% 1.6%

f:id:xlc:20180120102821p:plain:w280:left

f:id:xlc:20180120102820p:plain:w280:left

リーチの場合と比べ役牌が待ち牌となる確率が高い。これは役牌バックの影響だろう。数牌ではリーチの場合より端牌の確率が低くなり、4,5,6 でも差が大きくなった。