koba::blog

小林聡: プログラマです

華僑流おカネと人生の管理術

華僑流おカネと人生の管理術

華僑流おカネと人生の管理術

文庫本になってからでもいいかなと思ったけど、旬のうちに読んでおこうと思って購入。

宋文洲さんは今日本で一番面白い外国人だと思う。変に日本人に合わせようとするのではなく、外国人ならではの視点で考えを表明するからだ。

そんな宗さんが、日本で生き残る上で参考にした華僑の教えが書かれているのがこの本。

何を「失敗」と考えるか、最悪の事態に陥らないための「リスクマネージメント」とは何か、自分にとっての「成功」を定義し、チャレンジを楽しむことなど、安定を志向する日本人とは違った知見があり、刺激になります。

私も「和僑」になってみたい、そんな気持ちにさせる一冊でした。