koba::blog

小林聡: プログラマです

さくらVPSの初期設定

いままで15年あまりプロバイダは RIMNET を使っていたのだけれど、いろいろ窮屈な点*1もあるので、さくらVPS を使うことにした。

サーバの起動

オンラインで利用申込をすると、VPSIPアドレスと初期パスワードが送られてくる。初期状態ではサーバは起動していない。VPSコントロールパネルからサーバを起動する。

ログイン

さくらVPSリモートコンソールを使ってもいいのだけど、Mac OS XのTerminalからsshでログインした。

作業用ユーザ作成

root以外に作業用ユーザを作成しておく。

# useradd koba
# passwd koba
Changing password for user koba.
New UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: all authentication tokens updated successfully.

sudoの設定

visudoコマンドで設定を編集し、以下の行を有効にする。

%wheel        ALL=(ALL)       ALL

usermodコマンドで、作業用ユーザをグループwheelに追加する。

# usermod -G wheel koba

rootのパスワードを無効にする

今後は作業用ユーザでログインし、sudoでroot作業を行うので、もはやrootのパスワードは不要。以下のコマンドでrootのパスワードを無効にしておく。

# passwd -l root

root宛のメールを作業用ユーザに転送

root宛のメールは作業ユーザに届くよう、.forwardを設定する。

# echo koba > ~/.forward

*1:CGIからHTTPコネクションをはれないなど