JavaScript

麻雀の手牌の文字列表現

今回のお題は麻雀の和了点を求めるプログラムの予定だったのだが、予定を変更して手牌の文字列表現について。麻雀の牌姿を示すときに、牌画を使うのも面倒なので文字で表す場合がある、例えば以下の牌姿の場合、 一二三④⑤⑥789東東白白 とするような表現方…

向聴数を求めるプログラム(一般手編(再々))

向聴数を求めるプログラム(一般手編(再)) - koba::blog での前置きが長くなったけど、いよいよ向聴数(シャンテン数)を求めるプラグラムの本編。

向聴数を求めるプログラム(一般手編(再))

4面子1雀頭形の向聴数(シャンテン数)計算は 向聴数を求めるプログラム - koba::blog で取り上げているけれど、もう一度おさらい。基本は 向聴数 = 8 ー 面子の数 × 2 ー 搭子の数 でよいのだが、考慮すべきことがいくつかある。

向聴数を求めるプログラム(七対子・国士無双編)

手牌の表現方法を決めたら、次にやるべきことは向聴数(シャンテン数)を求めるプログラムの実装である。思考アルゴリズムは向聴数が減って行くように打牌を選択するのが基本になるし、ゲーム進行に関しても流局時のノー聴、聴牌判断は向聴数が0であるか否かで…

麻雀の手牌のJavascript表現

麻雀に関するプログラムを作ろうと思ったら、まずやるべきことは手牌の表現になるだろう。電脳麻将では以下の形式で表現している。

HTML5 + Javascript で動作する麻雀ゲーム

今年はじめから作り始めた麻雀ゲームですが、一応ゲームはできるようになったので公開します。ゲームで使用している牌画像は 麻雀の画像・素材、音声は 天鳳用オリジナルSE: アンコロキングblog のものを使用させていただいてます。

麻雀の役を判定するプログラム(役満編)

麻雀の役を判定するプログラム - koba::blog の続き。役満以外の役については判定できたので、今回は役満について。前回同様和了形からパターンマッチングで役を判定していくのだが、問題が一つあって、それは九蓮宝燈の扱いである。九蓮宝燈という役は門前…

麻雀の役を判定するプログラム

麻雀の和了形を求めるプログラムは書けたので、次は役を判定するプログラムを書いてみる。 入力は、 和了形を求めるプログラム - koba::blog で求めた和了形を用いる。基本的には和了形にパターンマッチを試みて判定していくのだが、麻雀には複合役があるの…

和了形を求めるプログラム

麻雀の得点計算をするプログラムを書こうと思っているのだが、そのためには先に和了形を求めるプログラムを書く必要がある。というのも和了形は複数に解釈できる場合があり、その場合一番得点が高くなるパターンを選択する必要があるからだ。和了形が複数に…

SafariのRSSをなんとかする

Mavericksがやってきた - koba::blogのSafariのRSSの問題ですが、やっつけで解決しました。